カベルタ

インド製のカベルタはバイアグラのジェネリック医薬品

カベルタはバイアグラのジェネリック医薬品でインドのRanbaxyLaboratories社の製品です。

 

 

ジェネリックであるため、その成分はバイアグラと同じシルデナフィルとなっています。

 

 

そのため、バイアグラとほぼ同じ有効成分と副作用を持っています。

 

 

その有効成分といえば、多くの人々がすでに知っているとおりED治療薬です。

 

 

陰茎の血管を拡張させることによって、勃起の元となる血流量を増加させる効果があります。

 

 

老化などの理由から勃起不全になってしまった男性の特効薬として使われます。

 

 

でも、インド製であるから安全性に不安があると感じる人はいるはずです。

 

 

その点はほとんど問題はありません。

 

 

まずジェネリック医薬品の世界の生産量で一番多いのがインドであり、そのなかでもRanbaxyLaboratories社は十本の指に入る企業です。

 

 

すでにインド国内・日本だけでなく世界120カ国以上にその会社の医薬品が使われているほどです。

 

 

さらに、この会社は日本の製薬メーカーがすでに買収しています。

 

 

直接的ではないもののある意味では準日本製品と言えます。

 

 

世界的に使われている会社の製品であり、日本製薬メーカーと大きな繋がりがあるこの2点から安全性が高いことが窺えます。

 

服用する際の注意点

そのカベルタの使用方法はほとんどバイアグラと同じです。

 

 

性行為をする30分から1時間前に1錠だけ服用すれば、十分に効果を発揮します。

 

 

その持続時間は約5〜6時間であり、少し早めに服用しても問題はありません。

 

 

そのとき、空腹の状態で服用したほうがより早く効果を得ることができます。

 

 

基本的には飲食の前でも後でも関係なく利用することができます。

 

 

あと気をつけなくてはいけないのが、服用する間隔です。

 

 

カベルタを服用したら、そこから24時間以上は間隔を空けなくてはなりません。

 

 

短時間で複数錠服用することは控えることが大切です。

 

 

なぜならば、血圧を低下させる効果もあるからです。

 

 

そのため、なるべくなら服用してしばらくは自動車の運転などを控えたほうが良いです。

 

 

服用後の自動車の運転は違法ではありませんが、血圧低下に伴う意識の朦朧が出る可能性があるからです。

 

 

カベルタはバイアグラとほとんど同じ成分であり安全性に関してはそれと同じだと思えばいいです。

 

 

だからこそ、バイアグラと同じように使用するときは十分に気をつけることが大切です。

 

 

そうすることでカベルタの効果を実感することができ性行為ができます。

 

コストパフォーマンスに優れたED治療薬カベルタ

医薬品を選ぶ時、その医薬品が確かな製品であるかどうかが、重要な選択基準になると言えます。

 

 

ただ、一般的な消費者にとっては、その医薬品が確かなものかどうかは、メーカーの知名度などで判断するしかないのが現状だとも言えます。

 

 

日本には高い技術力を持つ製薬メーカーが数多くあるので、そうした製薬メーカーの製品を選べば確かな医薬品を入手する事が可能です。

 

 

同様に、海外のジェネリック医薬品に関しても、その製造元が確かな製薬メーカーであるとわかれば、安心して購入出来する事が可能となるのです。

 

 

さて、海外にはED治療薬のジェネリック版が数多く製造販売されています。

 

 

カベルタという医薬品もその一つで、シルデナフィルを主成分とした、バイアグラのジェネリック版となっています。

 

 

このジェネリックを開発販売しているのは、インドのランバクシー・ラボラトリーズという製薬メーカーです。

 

 

日本ではあまり知られていないかも知れませんが、ランバクシー社はインド有数の大企業で、ジェネリック医薬品に関しては世界では10本の指に入る大企業です。

 

 

カベルタは、その大企業であるランバクシー社が、確かな技術を持って開発した医薬品であり、確かな製品となっています。

 

価格が安いバイアグラ ジェネリックED薬

さて、前述の通り、カベルタはバイアグラのジェネリック版です。

 

 

インドでは、この他にもジェネリック版ED治療薬が数多く販売されているのですが、現在の日本ではED治療薬のジェネリック医薬品は製造も販売もされていません。

 

 

何故なら、バイアグラを始め、全てのED治療薬の特許が切れていないからです。

 

 

ジェネリック医薬品は、新薬の成分特許と用途特許が有効な内は、製造も販売も出来ません。

 

 

ですので、特許期間中であるバイアグラなどのED治療薬のジェネリックを製造する事が出来ないのです。

 

 

一方、インドでは特殊な事情により、かなり以前からED治療薬のジェネリックを販売する事が可能となっていました。

 

 

特殊な事情と言うのは、医薬品の特許に関する事です。

 

 

インドでは2005年に薬事法が改正されるまで、医薬品に関する成分特許などが認められていませんでした。

 

 

ですのでインドの製薬メーカーは、新薬のジェネリック版をいち早く生産する事が出来たのです。

 

 

この様な特殊な事情を持つインドで開発されたカベルタは、価格が非常に安く、個人輸入代行業者でまとめ買いをすると、8錠あたり1,800円ほどで購入することが出来ます。

 

 

バイアグラの値段が1錠あたり1,500円なので、まさに格安と言えるでしょう。

 

 

カベルタは、確かな製薬会社が作る、抜群のコストパフォーマンスを誇るED治療薬なのです。

 

格安で性能抜群のカベルタ

インドには、数多くの製薬メーカーが存在しています。

 

 

ランバクシー・ラボラトリーズもその中のひとつで、第一三共の子会社として、主にジェネリック医薬品の開発を手がける大手製薬メーカーです。

 

 

このランバクシー・ラボラトリーズでは、多種多様なジェネリック医薬品を販売していますが、その医薬品のひとつに、カベルタという製品があります。

 

 

この製品は、世界で初めて薬の服用によるEDの改善を実現した、バイアグラのジェネリック版です。

 

 

バイアグラと同じく、シルデナフィルを主成分に持つカベルタは、性能的にバイアグラに劣るところはありません。

 

 

勃起不全の症状を持つ方が、この医薬品を服用すると、最短で30分ほどでペニスの勃起を起こせるようになります。

 

 

また、新薬であるバイアグラと比べて、カベルタの値段は非常に安く、個人輸入代行業者を通じて購入すれば、8錠入り一箱が、1,800円程で入手可能です。

 

 

新薬であるバイアグラは、4錠入りで6千円ほどが相場価格ですので、ジェネリックとの価格差は歴然としています。

 

 

このように、安くて効果の高いカベルタですが、あらゆるケースのEDに対して効果があるわけではありません。

 

 

この治療薬の主成分であるシルデナフィルは、狭心症を治療する医薬品として開発されていました。

 

 

しかし、その開発途中で、PDE5の働きを阻害する働きをもつことがわかり、ED治療薬としての開発が進められるようになったのです。

 

PDE5とcGMPの関係

PDE5は、cGMPという神経伝達物質を破壊することで、勃起状態を鎮める働きをもつ還元酵素です。

 

 

一方、cGMPは、男性器の勃起がおこる過程で、重要な役割を持つ神経伝達物質なのですが、年をとるごとに陰茎内での生成量が下がることがわかっています。

 

 

cGMPの生成量が低下すると、PDE5の支配力が強くなり、勃起が起こりにくくなります。

 

 

これが、加齢によって生じるEDの原因となっているのです。

 

 

先述のとおり、シルデナフィルはPDE5の働きを阻害します。

 

 

これにより、cGMPは陰茎内で増えやすくなり、EDの症状は一時的に改善されます。

 

 

ただし、EDの原因はこれだけではありません。

 

 

精神的なものが原因となる場合や、普段服用している医薬品が症状の原因となっている場合もあります。

 

 

また、シルデナフィルには使用禁忌があり、薬の飲み合わせによっては、重篤な副作用を引き起こすこともあります。

 

 

いかに優れた医薬品とはいえ、完璧ではないのです。

 

 

とはいえ、バイアグラを常用しておられる方なら、そのジェネリック版も安全に使用することができますし、効果もバイアグラ同様に得られます。

 

 

カベルタは、価格が安く、試してみる価値の高いジェネリック医薬品なのです。